ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

ご利用のエアコンの除湿方式によって異なります。
除湿方式には、下記の2つの方式があります。
お使いのエアコンに合わせて、以下をご覧ください。

除湿方式を確認する方法

ボタンの例

(1)エアコンのリモコンに「カラッと除湿」と記載されたボタンがあれば【カラッと除湿(再熱除湿方式)】のエアコンです。

ボタンの例

(2)エアコンのリモコンに「除湿」とだけ記載されたボタンがある場合は【ソフト除湿(弱冷房方式)】のエアコンです。

<カラッと除湿(再熱除湿方式)のエアコン>

同じ設定温度で比較すると、カラッと除湿(再熱除湿方式)より冷房のほうが若干電気代が安くなります。

カラッと除湿(再熱除湿方式)は、お部屋の空気をエアコンの内部で強く冷やして除湿します。冷えた空気は暖め直してから送風するため、空気を暖める分、冷房と比較すると若干電気代がかかります。

ワンポイントアドバイス

湿度が低いと体感温度が下がり、より涼しさを感じます。従って、カラッと除湿の場合は設定温度が高めでも涼しくなります。設定温度を高くして除湿を使うことで、結果冷房との電気代の差は少なくなります。

<ソフト除湿(弱冷房方式)のエアコン>

同じ設定温度で比較すると、冷房よりソフト除湿のほうが若干電気代が安くなります。

ソフト除湿は、冷房で空気を冷やして除湿を行います。ソフト除湿に設定すると、風速は常に微風に固定されます。そのため、冷房と比較すると風量が常に抑えられる分、若干電気代が安くなります。

ワンポイントアドバイス

ソフト除湿のほうが電気代が安くなりますが、外気温や室温が高く暑さを感じるときには、風量が少ない除湿ではなかなか室温が下がらず、快適にならない場合があります。
まず冷房で室温を下げてからソフト除湿に切り替えるのが上手な使い方です。

「選ぶときのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。