ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

省エネ法とは地球温暖化防止を目的に、それまでの省エネ法を改正。商品区分・冷房能力ランクにより2010年または2012年までに目標基準値をクリアすることが義務づけられています。

〈冷暖房・壁掛形4.0kw以下の商品〉
目標年度 2010会計年度:冷暖房/壁掛形
2012会計年度:上記以外の全機種
目標
基準値
(APF)
冷暖房兼用形 ~3.2
kW
~4.0
kW
~5.0
kW
~6.3
kW
~7.1
kW
~28.0
kW
壁掛形 寸法
規定
5.8
(A)
4.9
(C)
5.5
(E)
5.0
(F)
4.5
(G)
寸法
フリー
6.6
(B)
6.0
(D)
壁掛形
以外のもの
5.2
(H)
4.8
(I)
4.3
(J)
マルチタイプ 5.4
(K)
5.4
(L)
5.4
(M)

( )内は省エネルギー法に基づく区分名。
寸法規定:室内機の横幅寸法800ミリ以下かつ高さ295ミリ以下の機種

寸法フリー:上記以外の機種

  • 通年エネルギー消費効率(APF)について
    APFはJIS C 9612 に基づき、ある一定の条件のもとにエアコンを運転した時の消費電力1kW当りの冷房・暖房能力を表したものです。省エネルギー法で新たに設定された2010年目標製品の評価基準として採用されました。
    APF=1年間で必要な冷暖房能力の総和÷期間消費電力量

「選ぶときのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。