ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

「PAM」とはPulse Amplitude Modulation(パルス電圧振幅波形制御方式)の略で、日立が1996年に業界で初めてルームエアコンに採用したインバーターエアコンの能力を最大限に引き出す制御方式です。
従来のインバーターエアコンは、直流電圧(240V)をベースにしてモーター回転数をコントロールしていたので、コントロールする幅が小さく、省エネとハイパワーの両立が困難でした。
こ れに対しPAM制御は、電圧の高低を幅広く変える(140V~390V)ことができる制御方式なので、モーター回転数を幅広い範囲でコントロール出来ま す。これにより、従来のインバーターエアコンに比べ、モーターの最高回転数を高めることができハイパワーを実現しました。また、低速回転時には、従来より 低電圧の140Vを基準にして効率よく運転できるので省エネをも実現しました。

「PAM」とは図

「選ぶときのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。