ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

既設配管の再利用OKですが、条件があります。以下をご確認ください。

  • 既設配管はそのまま再利用できます。洗浄の必要もありません。

    (ただし、配管厚は0.8mmであることが前提条件です。)

    *エアコンの故障等でポンプダウンができない場合、配管内が極端に汚れている場合は配管洗浄するか新しい配管に交換してください。

  • 既設配管の再利用でも、従来冷媒(R22)と手間はかかりません。
  • 配管作業における「水分・異物混入管理」は従来冷媒(R22)と同じレベルです。

【既設配管再利用の場合のご注意】

  • 古いエアコン取り外しの際には必ずポンプダウンを行い、冷媒・冷凍機油の回収を行うこと。
  • 配管圧が0.8mmあること(JIS規格の配管)。
  • フレアは新冷媒対応に再加工し、φ12.7mmの既設配管の場合はフレアナットの変更が必要です。

※配管工具はR32または、R410A用のものをご利用ください。
※一部の機種では、接続配管径の仕様が異なりますので、この場合は買換え後のエアコンに合った新しい配管をご使用ください。

詳しくはご購入先の販売店へご相談ください。

「設置について」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。