ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

素材、織り方、厚さ、形態によって洗濯や乾燥させるのも向かないものがあります。洗濯・乾燥の前に衣類の取扱絵表示、素材表示などをよく確認してください。

取扱絵表示および素材表示のないものは、クリーニング店にご相談することをおすすめします。
縮みが大きくなった場合に備え、元の形に修正するための型紙を取っておくと便利です。

ドライマークがついた衣類やウールなどの獣毛およびその混紡製品は、素材によって「静止乾燥」コースで乾燥できるものもあります。詳しくは取扱説明書をご確認の上、ご使用ください。

[参考:BD-9800の場合]

静止乾燥.jpg

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。