ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

洗剤やソフト仕上剤が付着していたり、汚れていたら、水で洗い流してください。
お手入れの仕方については、以下を参考にしてください。
また、お使いの機種の詳しいお手入れについては取扱説明書をご覧ください。

BD-V9400L/R・V5400L/R・V1400L/Rの場合

洗剤ケース

洗剤やソフト仕上剤が付着していたり、汚れていたら、水で洗い流してください。洗剤ケースに残って固まった洗剤などがあると、ケースに給水されたときにはがれ、本体内部に詰まり、水漏れや液体洗剤投入口、ソフト仕上剤投入口の残水の原因になります。洗剤やソフト仕上剤が残っていたり、汚れていたら、水で洗い流してください。

(1)洗剤ケースを取り外す 1洗剤ケースを手前に止まるまで引く 2左に洗剤ケースを押しながら再度、手前に引く ●洗剤ケース内に水が残っていることがあります。引き出すときはこぼさないよう、注意してください。 ●右側手前にソフト仕上剤投入口用キャップ(ピンク)、右奥に液体洗剤投入口用キャップ(白)を取り付けてください。

(2)洗剤ケースからキャップを取り外し、汚れを洗い流す ●汚れがひどいときは、お湯(約40℃)に約5分浸し、歯ブラシなどで掃除してください。 ●凍結したときは、洗剤ケースにお湯(約40℃)を入れてください。

(3)水気をふき取り、元どおり取り付ける ●キャップ(2か所)が取り付けられていることを確認してください。 ●右側手前にソフト仕上剤投入口用キャップ(ピンク)、右奥に液体洗剤投入口用キャップ(白)を取り付けてください。

洗剤ケース差し込み口周辺

定期的(1回/週)に、または洗剤やソフト仕上剤が付着していたり汚れていたら、湿った布でふき取ってください。

(1)洗剤ケースを取り外す

(2)洗剤ケースの周囲を湿った布でふく

(3)洗剤ケースを元どおり取り付ける

洗剤ケースの上側洗剤ケースの下側

■ BD-S7400L/Rの場合

洗剤ケースのふた

洗剤やソフト仕上げ剤が付着していたり、汚れていたら布でふき取ってください。

(1)洗剤ケースふた取っ手を持ち上げ、洗剤ケースふたを開ける

(2)洗剤ケースふたのパッキンの汚れを布で拭き取る ●パッキンに洗剤やほこりなどが付着している場合には、ふき取ってください。 ●パッキンを無理に引っ張ったりしないでください。変形や亀裂、傷つきなど、ふたが閉められなくなる原因になります。 汚れがひどい場合 洗剤ケースふたと本体が重なる部分の汚れがひどい場合には、洗剤ケースふたを取り外して布でふき取ってください。[1]洗剤ケースふたを押さえ、つまみを右にスライドさせ、突起A側を持ち上げる [2]洗剤ケースふたを左にずらして取り外す

(3)水気をふき取り、元どおりに取り付ける ●洗剤ケースふた取っ手が「カチッ」と音がするまで閉めてください。 ●洗剤ケースふたを取り付けないで運転すると、水が飛び散る恐れがあります。


洗剤ケース

洗剤やソフト仕上げ剤が付着していたり、汚れていたら布でふき取ってください。

(1)洗剤ケースふた取っ手を持ち上げ、洗剤ケースふたを開ける

(2)洗剤ケースの仕切りをつまみ、上に持ち上げて取り外す

(3)洗剤ケースからキャップを取り外し、汚れを洗い流す ●洗剤やソフト仕上剤投入後、キャップ、キャップの穴など、洗剤が付着しているところを掃除してください。 ●汚れがひどいときは、お湯(約40度)に約5分浸し、歯ブラシなどで掃除してください。 ●凍結したときは、洗剤ケースにお湯(約40度)を入れてください。

(3)水気をふき取り、元どおりに取り付ける ●洗剤ケース、キャップが取り付けられていることを確認してください。

お手入れ(再生時間:2分18秒)
※映像は、BD-V9600Lで説明しています


お手入れ(再生時間:1分34秒)
※映像は、BD-S8600Lで説明しています


お手入れ(再生時間:1分18秒)
※映像は、BW-D10SVで説明しています

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。