ページの本文へ

Hitachi

以下をご確認ください。

  • 氷が多すぎる場合は、いったんスイッチを「切」にし、完全に回転が止まってからボトルを本体から外し、軽く振ってください。
  • 液体の量が少なすぎる場合は、液体の量を追加してください。
  • ボトル内で材料が分離した場合に空回りしやすくなります。
  • 分離してしまった場合は、約1~2秒程度の短い運転を数回繰り返した(粗く撹拌)後に連続運転に切り替えると、材料が均一に撹拌されやすくなります。

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。