ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

暖房運転で、外気温度が低下してきて、室外機の熱交換器の温度が0℃以下になるような場合、熱交換器に霜が付着してきます。霜が多量に付着すると暖 房能力が低下し室内の暖まりが悪くなるので、霜を溶かすため除霜運転を行います。除霜して融けた水は、室外機のベースに開けられた穴から排水されます。そ の時の除霜水ですから、異常ではありません。
排水により、ベランダなどを濡らして困る場合は、排水穴にドレンパイプを取り付けてドレンホースを接続する事により排水処理ができますので、最寄りの販売店にご相談下さい。

尚、寒冷地区ではこの処理が適さない場合があります。

室外機から水が出る 湯気が立つ(再生時間:0分21秒)
※映像は、Zシリーズで説明しています

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。