ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

部屋の空気温度が下がると、その空気に含むことが出来る水分量が減少します。そのため除湿が進むとともに室温が下がると実際の空気中の水分量が減っても見た目の湿度計の表示が変わらなかったり、上昇したように見えることがあります。
しかし空気中の水蒸気量は減少していますので、体感は爽やかになります。

【用語】相対湿度
相対湿度とは、ある温度の空気に対して含むことができる最大の水蒸気量(飽和水蒸気量)を100%とした場合、実際に空気中に含まれる水蒸気量を「比率」で示したものが相対湿度です。
飽和水蒸気量は、空気の温度が上がるほど多くなり、温度が下がれば少なくなります。
一般的に湿度(しつど)というと「相対湿度」のことを指します。

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。