ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

故障ではありません。衣類の乾き具合に応じて自動的に時間が調整されるため、表示された時間より乾燥時間が長くなることがあります。
衣類をより効率よく乾燥させるには、以下をご確認ください。

【衣類】

  • 洗濯物が多く入っていませんか?
    →厚手の洗濯物と薄手の洗濯物は分けて乾燥させると運転時間が短くなります。

【設置環境】

  • 水栓(蛇口)は開いていますか?
    →乾燥運転だけの場合でも、水道水を使います。給水されないと、乾燥時間が長くなったり、生乾きのまま運転が終了する場合があります。
  • 排水ホースが正しくセットされていますか?
    →排水できない場合、正常に乾燥運転ができなくなります。
  • 30℃以上の温かいお湯で給水していませんか?
    →給水温度が30℃以上になると、除湿効果が低下し、乾燥時間が長くなります。
  • 本体を置いている場所の温度が5℃以下、または30℃以上ではありませんか?
    →室温が低すぎたり、高過ぎたりすると、乾燥時間が長くなります。
  • 湿気の多い状態ではありませんか?
    →洗濯物を効率よく乾燥させるため、換気を十分にしてください。

【お手入れ】

  • 乾燥フィルターが目詰まりしていませんか?
    →乾燥フィルターが目詰まりしていると、乾燥時間が長くなったり、生乾きのまま運転が終了する場合があります。
  • 給水口のフィルターにゴミがたまっていませんか?
    →ゴミがたまると水道水の流れが悪くなります。

詳しいお手入れ方法などは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

洗濯物の乾きが悪い(再生時間:3分43秒)
※映像は、BD-V9600Lで説明しています


洗濯物の乾きが悪い(再生時間:3分25秒)
※映像は、BW-D10SVで説明しています


洗濯物の乾きが悪い(再生時間:3分25秒)
※映像は、BW-D9SVで説明しています

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。