ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

以下の点に注意してください。

  • 液体洗剤、液体漂白剤や柔軟剤は、投入口にこぼれないように入れてください。
    ドア裏側の金属部、本体外側のプラスチック部にこぼしてしまったり付着してしまったりした場合は、湿った柔らかい布などですぐふき取ってください。そのまま放置すると本体破損の原因になります。
  • 洗剤は表示に従って適量を投入してください。
    洗剤を入れ過ぎると泡が大量に発生し、水漏れや排水口から泡があふれる可能性があります。
    また、泡消し運転動作が入り運転時間が長くなる場合があります。
  • 柔軟剤を入れ過ぎないでください。(最大60ml以下、スリムタイプは70ml以下)
    柔軟剤を入れ過ぎると、流れ出して洗濯物に直接かかり、変色や黒ずみの原因になります。
  • 香りの強い柔軟剤を使用すると、においが気になる場合があります。
  • 洗剤ケースに、洗剤や柔軟剤が付着していたり汚れていたりしたら、水で洗い流してください。
    洗剤ケースに残って固まった洗剤があると、ケースに給水されたときにはがれ、本体内部に詰まり、水漏れや投入口残水の原因になります。

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。