ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

定期的にお手入れをしてください。
糸くずフィルターが目詰まりすると、洗剤液が通過しにくくなり、排水ができなくなる原因になります。

お手入れの仕方については、以下を参考にしてください。
また、お使いの機種の詳しいお手入れについては取扱説明書をご覧ください。

例.BD-V9500L/R・S7500L/R・V5500L/R・V1500L/Rの場合

糸くずフィルター 定期的にお手入れしてください。 糸くずフィルターが目詰まりすると、洗剤液が通過しにくくなり、排水ができなくなる原因になります。

●運転中や、ドラムや排水ホースに残水がある場合(洗いのみの運転後など)は、糸くずフィルターを外さない ドラムに水が入っている場合、排水ホースが敷居をまたいで高くなっている場合(床面より10cm以上)や排水口が詰まっている場合は、糸くずフィルターを外すときに多量の水が出てきますので、十分注意してください。 ●糸くずフィルターを外す前には脱水運転を行い、排水されたことを確認する(「CO2)」が表示されないことを確認する)「C17」が表示されていると脱水運転ができないため、一度電源を切り、再度電源を入れてください。

●「糸くずフィルター」と「C17」は、糸くずフィルターに糸くずがたまっている場合や、「洗濯」または「洗→乾」を30回運転するたびに表示します。一度電源を切り、糸くずフィルターのお手入れをしてください。再度電源を入れると表示が消えます。 ●「糸くずフィルター」と「C17」が表示していても運転はできますが、循環ポンプは動作せず、注水すすぎ運転になる場合があります。このときは、電源を切り、糸くずフィルターをお手入れしてから運転してください。

準備 糸くずフィルターを外す前には脱水運転を行い、排水されたことを確認する

(1)糸くずフィルターカバーを開ける

(2)糸くずフィルターを取り外す 1.糸くずフィルターのつまみを左に約1回転回す 2.糸くずフィルターを手前にゆっくり引き出す ●残水が出る場合があるので、水受けなどで受けてください。 ●糸くずフィルター内部にたまった糸くずが本体内部に落ちないように注意してください。 ●糸くずフィルター差し込み部が汚れている場合は、ぞうきんなどでふき取ってください。

(3)糸くずフィルターふたを開ける

(4)糸くずを取り除き、目詰まりを洗い落とす ●目詰まりがひどい場合は、歯ブラシなどで掃除してください。 ●ゴムパッキンはこすらずに、糸くずなどの異物だけを取り除いてください。ゴムパッキンについたグリースをふき取ってしまうと、糸くずフィルターが回しにくくなります。

(5)糸くずフィルターふたを元に戻す ●つめ2か所を確実に引っかけてください。 ●糸くずフィルターふたが外れた場合は、糸くずフィルターふたを、糸くずフィルター本体の軸に合わせて、垂直に押し込んでください。

(6)糸くずフィルターのフィルター部の「ウエ」マークを上に向ける ●糸くずフィルターのゴムパッキンが外れていないことを確認してください。 ●糸くずフィルター取り付け部やゴムパッキン部に、糸くずなどが付着していないことを確認してください。
(7)糸くずフィルターを取り付ける 1.糸くずフィルターを奥まで差し込む 2.つまみを右に「カチッ」と音がするまでしっかり回す ●つまみが右に「カチッ」と音がするまで回されていないと「C16」が表示され、運転できません。
(8)糸くずフィルターカバーを閉める

●ゴムパッキンは外さないでください。ゴムパッキンがないと水漏れします。 ●糸くずフィルターを取り付ける際、ゴムパッキンに糸くずが付着していないか確認してください。付着したまま取り付けると、水漏れする恐れがあります。 ●糸くずフィルターやゴムパッキンが破損した場合は、すぐに取り替えてください。水漏れや故障の原因になります。 ●糸くずフィルターはしっかり取り付けないと、水漏れを防ぐため、「糸くずフィルター」と「C16」が表示され運転できません。

「糸くずフィルター」のお手入れを動画で見る

「糸くずフィルター」のお手入れ(再生時間:2分44秒)
※映像は、BD-V9500で説明しています


上記の機種以外をお使いで、お手入れ方法を詳しく知りたい場合は、取扱説明書をご覧ください。

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。