ページの本文へ

Hitachi

炊込みごはんや保温の後のにおいが気になるときは、本体で湯をわかし、蒸気でにおいを軽減することができます。

においが気になるときは ●炊込みごはんや保温の後のにおいが気になるときは、湯をわかし、蒸気でにおいを軽減することができます。 内がまに水を入れる ●水の量は、「白米」の水位目盛1まで。※水以外(洗剤など)は入れないでください。 電源を押し、現在時刻を表示させる 炊飯を押す ●メロディーが鳴り、炊飯ランプが点灯します。 約60分程経ったらとりけしを押す ●炊飯ランプが消灯します。 自動停止はしません。 本体が冷めてからお湯を捨て、水滴をふき取る ●終了直後は、内がまや内ふたが熱くなっていますので、本体が冷めてからお湯を捨て、水滴をふき取ってください。●においによっては、完全に落ちないものもあります。 それでもにおいが気になるときは ①内ふたの入る大きさの鍋・フライパンなどに食塩水(1%程度)を入れ、湯をわかす。②湯がわいたら弱火にし、内ふたを入れて15分程度加熱する。③湯を捨て、内ふたが冷めたら水洗いする。●空だきするとプラスチック部が変形しますので、ご注意ください。

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。