ページの本文へ

Hitachi

IHクッキングヒーター

M350T・M150T・M300T・M200T・M100Tシリーズに搭載

火加減がむずかしい料理でも簡単においしくできます。

適温調理(左右IH)

適温調理レシピ80種類
焼き物 揚げ物

適温調理(左右IH)

焼き物 揚げ物

メニューを選んで温度を設定すれば、フライパンや鍋の温度を自動でキープするので、手動ではむずかしい火加減も簡単です。さらに、途中で温度の切り替えや残り時間のタイマー設定もできます。

■ 適温調理メニューの設定温度

適温調理メニューの設定温度

※10℃きざみで14段階(揚げ物は7段階)に設定できます。
※焼き物:200℃、揚げ物:180℃は初期設定目安温度です。

日立独自 光・温度センサー

適温調理は鍋底温度が下がっても
すばやく設定した目安温度に復帰

光センサーと温度センサーで鍋底温度の温度低下や過熱をみはります。

  • 卵焼き

    卵焼き

  • チンジャオロウスー

    チンジャオロウスー

  • 天ぷら

    天ぷら

適温調理サポート(左右IH)
2メニュー
ハンバーグギョウザ

音声で調理のタイミングをお知らせ

火加減がむずかしい「焼き物」2レシピ※1は、メニューに合わせて調理温度と時間を設定。さらに調理の工程に合わせて食材を裏返すタイミングや次の工程へ進むタイミングなどを音声でお知らせします。 ガイドに沿って調理ができるので火加減がむずかしい調理もおいしく仕上げます。

■ ハンバーグの適温調理サポートイメージ

左右にスワイプ

ハンバーグの適温調理サポートイメージ

※1 適温調理サポートの2レシピは、付属の「クッキングガイド」に掲載されている分量で調理してください。※適温調理および適温調理サポートは手動調理です。食材の焼き上がり状態を確認し、手動で加熱を終了します。調理には当社推奨鍋をお使いください。詳しくはこちらをご覧ください。

*1 付属の「クッキングガイド」に掲載されているレシピの数です。

3.2kWの大火力で湯沸かしもスピーディーに。

3.2kWの大火力IH(左右IH)

パスタ調理に必要なたっぷりの湯沸かしもスピーディーに。

湯 量 沸騰までの時間※1
0.5L 約1分22秒
1.0L 約2分19秒
4.0L 約8分18秒
  • 野菜をゆでるとき

    野菜をゆでるとき

  • たっぷりのお湯でパスタをゆでるとき

    たっぷりのお湯で
    パスタをゆでるとき

■ 各IHの最大火力

シリーズ 左右IH 中央IH
鉄・ステンレス鍋 アルミ・銅鍋 鉄・ステンレス鍋
M350T 3.2kW 2.6kW 2.0kW
M150T
M300T 2.6kW
M200T 2.6kW
(右IHのみ)
M100T

※1 HT-M300XTWF(W)の最大火力で湯沸かし(水温20℃→95℃まで)。0.5L、1.0Lは当社推奨のステンレス製のケトル、4.0Lは当社推奨のステンレス製のパスタポット(内カゴあり)を使用。当社で測定。水の量や温度、鍋の大きさ、材質により時間は異なります。
※左右IHの最大火力(各3.2kW)を同時には使えません。
※本体内部の回路を保護するために、火力表示「10」より大きい火力を連続して使用できる時間は最大約15分です。15分を超えると自動的に火力が下がります。
※中央IHはアルミ・銅鍋は使えません。

火加減や加熱時間をプログラムした5種類のIH便利メニュー

麺ゆでメニュー(左右IH)

お湯を沸騰させたあと、鍋に麺を入れ「麺ゆで」メニューを設定すると、自動で火力を制御し、ふきこぼれを抑制します。そば・うどん・パスタなどの麺ゆでにおすすめ。

※「麺ゆで」メニューは、鍋容量の約70%の水量でご使用ください。

自動で火力を抑えてふきこぼれを抑制

煮込みメニュー(左右IH)

レシピに合わせた「弱め」「標準」「強め」の3段階の火力で、おいしく味がしみこむように煮込みます。

焦げ付きにくい

「煮込み」メニューを選択して45分後、具を取り除いた鍋底の状態

火力の強弱を切り替える制御により対流が起き、食材が焦げ付きにくくなります。

※鍋の種類や煮物の種類、調理時間などによって、鍋底の状態は変わります。

「煮込み」メニューを選択して45分後、具を取り除いた鍋底の状態

  • 保温(中央IH)

  • 湯沸かし(中央IH)1~2L

  • 炊飯(中央IH) 0.36L(2カップ)

注意
IH便利メニュー使用上のご注意

詳しくはこちらをご覧ください。

IH便利メニューの「湯沸かし」「炊飯」で使える鍋などには条件があります。条件以外のものを使用すると、正しく温度調節機能が働かないため湯沸かしや炊飯が正しくできません。※アルミ・銅鍋は5種類のIH便利メニューが使えません。詳しくはこちらをご覧ください。

使い慣れたアルミや銅鍋がそのまま使えます。

アルミ・銅鍋も使える
オールメタル対応IH

(M350T・M300Tシリーズは左右IH、M200Tシリーズは右IHのみ)
鉄・ステンレス鍋に加えて、ふだんから使い慣れたアルミ・銅鍋もそのまま使えます。

※オールメタル対応IHで使える鍋については、こちらをご覧ください。
※アルミ・銅鍋を加熱する場合は浮力が働くため、鍋が動き火力が下がります。調理物と合わせて約1kg 以上で使用してください。

オールメタル対応IHで使える鍋の種類

  • アルミフライパン

    アルミフライパン

  • アルミ片手鍋

    アルミ片手鍋

  • アルミパスタポット

    アルミパスタポット

  • ステンレスケトル

    ステンレスケトル

  • アルミ圧力鍋

    アルミ圧力鍋

  • 銅鍋

    銅鍋

  • 多層鍋

    多層鍋

  • ホーロー鍋

    ホーロー鍋

鍋をダイレクト加熱 ピュアなIH加熱 日立独自

アルミ・銅鍋を加熱しても
トッププレートが鍋底温度
よりも熱くなりません

独自の高周波制御技術によって鉄・ステンレス鍋はもちろん、アルミ・銅鍋でも鍋だけを発熱させるので、無駄な加熱をおさえて調理できます。

■ 「IH加熱」の仕組み
イメージ図

イメージ図

鍋鳴り音に配慮

(M350T・M300T・M200Tシリーズ〈左右IH〉)

鍋鳴り音に配慮

オールメタルタイプは、電流の変動を抑える電源回路を用いることで、「ジー」「カチカチ」「キーン」などの鍋からの音(鍋鳴り音)に配慮しています。

最大火力でも運転音に配慮

最大火力でも運転音に配慮

※最大火力時において。機種によって運転音の大きさが異なります。詳しくはこちらをご覧ください。※運転音は、一般社団法人 日本電機工業会自主基準に基づく測定方法による。当社で測定(当社標準鍋を使用)。

こんなときにしっかり働く安全機能

〇このページは、M350T・M150T・M300T・M200T・M100Tシリーズの特長を紹介しています。説明用の写真はHT-M300XTWF(W)。

〇火力(W)は入力値です。

〇説明用に「表示部」を点灯させています。

〇実際の調理を想定したイメージ写真を使っています。

〇医療用ペースメーカーをお使いの方は、専門医師とよくご相談のうえ、お使いください。

上記機能搭載の商品はこちら

献立決めや調理設定がスマホでラクラク

スマホとつながるコネクテッド家電
ビルトイン3口IH

フラットトッププレートプレミアム

ビルトイン3口IH