ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

フッ素皮膜は、ご使用により色むらや、しゃもじやスポンジで擦ると光沢のムラが生じますが、性能や衛生上の支障はありません。
フッ素皮膜を部分的に剥がしてしまった場合、焦げつきやすくなりますが、性能や衛生上の問題はありません。

【フッ素皮膜を傷めないための注意点】
以下のようなご使用で生じた内がま内面フッ素皮膜の傷や剥がれは、保証対象外となるのでご注意ください。

  • 金属性のおたま、スプーン、ナイフ、フォーク、泡たて器、食器などで洗米したり、食器の洗いものを内がまの中に入れない
    [かたいものを入れてできた部分的な素地の凹み、フッ素皮膜の剥がれがある例]
  • 内がまのお手入れの際に金属たわし、ナイロンたわしなどを使用しない。
    [ナイロンタワシで擦ったり泡たて器などで洗米するなどで、フッ素皮膜表面に引っかき傷が多数ある例]
  • 台所用中性洗剤以外の洗剤や、漂白剤、クレンザーなどを使わない。
  • 酢は内がまの中で使わない。(すしめしを作る場合は飯台にごはんを移してから酢と混ぜる)
  • ごはん以外(みそ汁や甘酒など)の保温。

内がまを購入したい場合は、以下をご覧ください。
→「内がまを交換したいのですが?

「故障かなと思ったら」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。