ページの本文へ

Hitachi

air_post-120_001.jpg

室外機は屋外に設置されているので大変汚れやすい状態です。ほこりやゴミで室外機の吸い込み部分が閉ざされてしまうと、風量の低下や消費電力の増加の原因になります。

定期的に室外機まわりを確認し、室外機の周辺にゴミが溜まっている場合はお手入れをしてください。
定期的にお手入れをすることで省エネの効果が上がり、電気代の節約にもなります。


お手入れ方法

  • 吸込み口や吹き出し口周辺に物や、草などがある場合は取り除いてください。

  • 手でとれる範囲で、付着した埃やゴミを取り除いてください。

  • 柔らかい布でからぶきしてください。
    汚れがひどいときは、水かぬるま湯を含ませた布をよく絞ってふいてください。

ご注意
  • 室外機背面は、熱交換器(アルミフィン)がむき出しになっています。危険ですので、直接触れないでください。

  • 室外機に直接、水(お湯)をかけないでください。
    電子部品などの故障の原因になる可能性があります。

  • 安全のため、天板を外すなどの分解を伴うお手入れはご遠慮ください。

  • 室外機全体を覆うようなカバーは、エアコンを使用するときには外してください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。