ページの本文へ

Hitachi

効率の良い運転のためには、部屋の広さや条件に見合った能力のエアコンを選ぶことが大切です。

以下に、取扱説明書/型式/カタログからエアコンの畳数の目安を確認する方法について説明します。


目次


取扱説明書から確認する

取扱説明書には、暖房と冷房の目安として数値が記載されています。
以下に、実際の取扱説明書(ルームエアコンRAS-X22L)を例に説明します。

取扱説明書の「仕様」のページには、以下のように記載されています。

air_post-66_001-1.png

暖房の目安

  • 木造南向き和室:9m2(平米)
  • 鉄筋アパート南向き洋室:11m2(平米)

これを下記の「m2(平米)と畳数の対応表」にあてはめて目安の畳数を確認すると、木造と鉄筋アパートにおいて、目安はそれぞれ6畳と7畳であることがわかります。
air_post-66_002-1.png

暖房の目安

  • 木造南向き和室:9m2(平米) → 目安は6畳
  • 鉄筋アパート南向き洋室:11m2(平米) → 目安は7畳

[m2(平米)と畳数の対応表]

m28m29m210m2
5畳6畳6畳
m211m212m213m2
7畳7畳8畳
m215m216m217m2
9畳10畳10畳
m218m219m220m2
9畳10畳10畳
m221m222m223m2
13畳13畳14畳
m224m225m226m2
15畳15畳16畳
m227m228m229m2
17畳17畳18畳
m232m234m243m2
20畳21畳27畳
m249m2
30畳


*畳数の目安は、中京間(1820mm×910mm)を元にしています。

暖房と冷房の目安の数値について詳しくは、お調べになりたい機種の取扱説明書をご確認ください。



製品の型式(RAS-X22Lなど)から確認する

型式のシリーズ名の右側に記載されている2桁の数字が、畳数の目安を表しています。

例:RAS-X22Lの場合
air_post-66_003.png

シリーズ名「X」の右側に記載されている「22」が畳数の目安を表しており、以下の[畳数/平米(㎡)数の目安確認表]から「6畳」が目安ということが確認できます。
air_post-66_004.png

[畳数/平米(m2)数の目安確認表]

型式の数字222528
6畳8畳10畳
m29m2~10m213m216m2~17m2
型式の数字364056
12畳14畳18畳
m219m2~20m222m2~23m229m2
型式の数字637180
20畳23畳26畳
m232m238m243m2
型式の数字90
29畳
m248m2


*畳数の目安は、中京間(1820mm×910mm)を元にしています。



カタログから確認する

カタログには、製品ごとに「畳数の目安」が掲載されています。

畳数の目安
「暖房8~11畳」と記載されている場合は、この範囲内であれば使えるということではなく、「木造平屋の戸建ての場合は8畳」、「マンションなど鉄筋の集合住宅の場合は11畳」がそれぞれ、暖房運転時の目安の畳数ということになります。

建物の構造、地域や方角などの条件によって冷・暖房の効果に差があるため、このように幅を持たせた書き方になっています。

以下に(ルームエアコンRAS-X28M)を例に説明します。
air_post-66_005.png


カタログの「畳数の目安」の見方

  • 左側(暖房8畳、冷房8畳):一戸建 木造平屋南向き和室の目安
  • 右側(暖房10畳、冷房12畳):鉄筋集合住宅 中間層南向き洋間の目安

air_post-66_006.png




  • 「畳数の目安」はJIS(日本工業規格)による平均的な住宅(木造、南向き、洋室)の場合です。
  • 木造住宅よりも鉄筋住宅のほうが密閉率が良いために、表記に幅のある記載になっています。

カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。