ページの本文へ

Hitachi

オートメニューの仕上がりをお好みに近づけるための機能です。
調理の仕上がりが加熱しすぎていたり、加熱が足りなかったりする場合は、以下を参考に「仕上がり調節」を行って下さい。
なお、操作手順は機種によって異なりますので、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。


[「仕上がり調節」の操作手順]
[参考:MRO-VW1の場合]

  1. 食品をテーブルプレートの中央に置き、ドアを閉める。

  2. ダイヤルを回して、「メニュー番号」を選ぶ。

  3. [仕上がり]ボタンを押して、マークをお好みの位置に合わせる。
    ※仕上がりは「中」(標準)に自動設定されています。
    メニューによって、「強、やや強、中、やや弱、弱」の5段階、または、「強、中、弱」の3段階に設定ができます。
    ※ 仕上がり調節中に、[決定]ボタンを3秒以上押すと「ピー」と鳴り、調節を記憶できます。
    2cookn15.PNG

  4. [あたため/スタート]ボタンを押してスタートする。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?