ページの本文へ

Hitachi

電子レンジでグラタンを調理する場合は、手作りと市販の冷凍グラタンで方法が異なります。
本ページでは、MRO-W1Yを例に説明しています。操作方法や分量などは製品により異なるため、詳しくはお使いの製品の取扱説明書をご確認ください。


目次


グラタンを手作りする方法

取扱説明書のレシピ集にグラタンが掲載されている製品は、手作りしたグラタンをオートメニューで焼くことができます。
range_a73_01.png

オートメニューを利用する場合は、取扱説明書のレシピ集通りの材料と分量で調理してください。
レシピ集には、材料以外にも調理のコツが掲載されています。あわせて参考にしてください。


市販の冷凍グラタンを作る方法

市販の冷凍グラタンは、手動調理で解凍し、焼き上げます。取扱説明書のレシピ集を参考に、オーブン機能で温度や加熱時間などを設定してください。

[MRO-W1Yで1個(約240g)を調理する方法]

  1. グラタンが入ったアルミケース皿のまま(1~4皿まで)、黒皿の中央に寄せて並べます。
    range_a73_02.png

  2. 黒皿を中段に入れます。

  3. [オーブン][予熱無][1段][210℃][34-46分]を押し、加熱します。


[043マカロニグラタン]を押して加熱すると、アルミケースから火花が出る原因になりますので、おやめください。



2012年以降に発売された一部の製品は、クッキングメニューのページからレシピを確認することができます。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?