ページの本文へ

Hitachi

真空チルドルームのお手入れは、以下の手順を参考に、月に1回程度を目安におこなってください。


事前準備

  • お手入れの前には、かならず食品を取り出してください。
  • 真空チルドルームは真空チルドケース全体と、中のケースだけが取りはずせる機種があります。
    中のケースだけ取りはずせる機種は、ケースと真空パッキン以外の部品は取りはずさないでください。お使いの製品でケースが取りはずしできるかどうかは、取扱説明書をご確認ください。


真空チルドルームのお手入れ方法


1.真空チルドケースを取りはずします

真空チルドケースの手前側を軽く持ち上げ、上下に動かしながら引き出します。このとき、ドアやポケットに当たらないようご注意ください。
上手に取りはずすコツは、ケースをまっすぐ引き出して、引っかかって止まったところで上に軽く持ち上げるとかんたんに引き出せます。
rei_a66_006.png

機種によっては、中のケースだけはずせる機種があります。以下の手順で取りはずしてください。

中のケースだけ取りはずせる機種の場合

  1. 真空チルドルームを引き出します。

  2. 真空チルドケースの手前側を軽く持ち上げ、真空チルドのドア(軸)からはずします。
    rei_a66_002.png


  3. 真空チルドケースを滑らせるように、上部に引っ張りながら取り出します。
    rei_a66_003.png


2.取りはずした部品の汚れをふき取ります。

やわらかい布にぬるま湯を含ませて、真空チルドのパッキン、パッキンの受け部、ケースと容器の内側、アルミトレイをふき取ってください。
rei_a66_004.png


  • 水や食品汁をこぼした場合は、すぐにふき取ってください。 洗剤を使用すると、部品が破損・変形・変色し、真空状態を保てなくなることがあるため、お控えください。
  • 真空チルドルーム内天井のガラス(光触媒とLEDライト部分)は、指で触ったり乾いた布でこすったりしないでください。
    汚れがついた場合には、濡らした綿棒などでやさしく取り除いてください。

3.真空パッキンの汚れをふき取ります。

  1. 向かって右上の真空パッキンのつまみを、ゆっくりはずします。


  2. パッキンの汚れた部分をやわらかいスポンジなどで水洗いします。
    このとき、洗剤は使わないでください。

  3. 乾いた布などで水気をふき取り、自然乾燥します。

  4. ケースの溝をふき取ります。
    真空パッキンが古くなったり、破損したりしたときは交換してください。部品番号は取扱説明書でご確認の上、販売店でご購入、あるいはお取り寄せください。

4.真空パッキンをケースに取りつけ、ケースを元の位置に戻します。

  1. 真空パッキンをケースに取りつけます。
    つまみを取付溝の切り欠きに合わせて、隙間ができないように取りつけます。
    rei_a66_005.png


  2. ケースを元の位置に戻します。
    ケースの左右両側にある突起を、ガイドレールに乗せて滑らせるように入れてください。
    上手に取りつけるコツは、ケースをまっすぐ入れたあと、引っかかって止まったところで上に軽く持ち上げながら押し込むとかんたんに取りつけられます。
    rei_a66_001.png


  3. ケースをロックします。
    ケースが取りつけられたら、ハンドルを下げてしっかりとロックしてからドアを閉めてください。
    ロックの方法や真空チルドルームの使いかたについては、以下のページをご覧ください。


以下の使いかた動画のページでも、真空チルドルームのお手入れ方法をご紹介しています。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。