ページの本文へ

Hitachi

以下の点にご注意してください。

  • 揚げものや炒めものなどの調理の際、油は炎がなくても発火のおそれがあります。

  • 揚げもの調理中はそばを離れない。

  • 別売の推奨天ぷら鍋や取扱説明書で指定の鍋以外は絶対に使わない。

  • 鍋底が変形したものは使わない。

  • 油は取扱説明書に記載している油量の範囲で調理する。

  • 油煙が多く出たら電源を切る。

  • 鍋はIHヒーターの中央に置く。

  • 必ず「揚げもの」メニューを使用する。手動によるお好みの火力では揚げもの調理をしないでください。

  • 炒めものや焼きものなど、油を使う調理をするときは、使用する油の量が少ないため油温が急激に上がり、発火するおそれがありますので、そばを離れないようにしてください。また、過熱しないよう火力をこまめに調節してください。

  • 空だきや必要以上に加熱しない。
    鍋底の薄いもの、反っているフライパンや鍋は、「中火」以上で予熱すると赤熱したり変形するおそれがあります。使える鍋でも、空だきなど異常高温になった場合、トッププレートが割れることがあります。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

カテゴリ別に探す