ページの本文へ

Hitachi

電源プラグをコンセントに差し込むと、[H0]の表示や[-:--]の表示になる場合

内蔵マイコンの保護動作が働き、時刻表示が消えています。
コンセントを差し込むたびに[H0]や[-:--]になる場合は内蔵電池の寿命です。

時刻表示が消えたままでも、以下の手順で炊飯や保温はできますが、予約炊飯や浸し炊飯は現在時刻を設定する必要があります。
内蔵電池がきれた場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に、交換の依頼をしてください。(電池は専用品なので、お客様による交換はできません)

すぐ炊飯したい場合

  1. [H0]の表示の場合は[切/とりけし]ボタンを押し、[-:--]表示にします。既に[-:--]表示の場合は[切/とりけし]ボタンを押す必要はありません。
  2. 時刻表示部が[-:--]表示のままでも、通常通り[炊飯]ボタンで炊飯できます。白米以外のメニューも選んで炊飯できます。

予約炊飯、浸し炊飯がしたい場合

  1. [H0]の表示の場合は[切/とりけし]ボタンを押し、[-:--]表示にします。既に[-:--]表示の場合は[切/とりけし]ボタンを押す必要はありません。
  2. 時計を現在時刻に合わせます。
    ※現在時刻の合わせかた([時][分]ボタンがない機種は[▲][▼]ボタンで時刻を合わせます)
    1. [時(▲)]又は[分(▼)]ボタンのどちらかを約1秒間押し続けると時刻表示部が点滅します。
    2. [時(▲)][分(▼)]ボタンで現在時刻に合わせます。
    3. [切/とりけし]ボタンを押します。時刻表示部の点滅が点灯に戻ります。
  3. [予約]ボタンを押し、[時(▲)]又は[分(▼)]ボタンで炊き上がり予約時刻を合わせます。
  4. [炊飯]ボタンで予約完了します。

おひつ御膳タイプの場合

電源プラグをコンセントに差し込んだあと、[電源]ボタンを押さないと、時計が表示されず、[炊飯]やその他のボタンも受け付けません。

表示が出ず、[切/とりけし]ボタンや、その他のボタンを受け付けない場合は、故障が考えられますので、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。



今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?