ページの本文へ

Hitachi

「オートセーブ(不在時省エネ運転)」、「オートオフ」は、eco運転を行っている間、「くらしカメラAI」で人の不在を検知して、ムダな運転を自動で抑え、消し忘れなどの意図しない運転を防止します。

オートセーブ
部屋に誰もいなくなり、10分経過すると自動的に省エネ運転を開始します。
air_post126_001.png

オートオフ
人の不在を認識すると、自動で運転を一時停止(オートオフ)します。
air_post126_002.png

以下に、設定方法と、動作の流れを説明します。

目次



設定/解除方法

ここでは、XシリーズRAS-X40M2を例に説明しています。詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

設定方法

  1. eco機能を設定する
    リモコンの[AIこれっきり]または[ecoこれっきり]ボタンを押します。  eco機能が設定され、同時にオートセーブ機能が設定されます。

    [AIこれっきり]ボタン
    air_post-126_008.png

    [ecoこれっきり]ボタン
    air_post-126_009.png


  2. オートオフ機能を設定する
    air_post126_003.png

    1. リモコンの蓋を開け、[機能選択]ボタンを押す

    2. [進む]ボタン(上向きの矢印)、[戻る]ボタン(下向きの矢印)を数回押し、リモコン画面上の[オートオフ]を点滅させる air_post126_004.png

      *点滅後何も操作をしないと、約10秒後に点滅は消え、選択状態が終了します。

  3. リモコンを室内機に向けて[設定]ボタンを押す
    「ピッ」と鳴り、[オートオフ]の表示が点滅から点灯に変われば設定は完了です。

    設定すると、エアコン本体の[オートオフ]のランプが点灯します。
    air_post126_005.png

    *eco機能が設定されていないとオートオフランプは点灯しません。

オートセーブの解除方法
オートセーブを解除するときは、[AIこれっきり]または[ecoこれっきり]ボタンをもう一度押してください。eco機能が解除され、同時にオートセーブも解除されます。

オートオフの解除方法
オートオフを解除するときは、設定する時と同じ操作でリモコン画面に[オートオフ]を点滅させ、最後に[取消]ボタンを押してください。


動作の流れ

  1. 人が居ないことを約10分継続して検知すると、オートセーブ(不在時省エネ運転)を行います。
    オートセーブは約50分間運転します。
    人を検知すると、通常の運転に戻ります。

  2. オートセーブ中に人を検知しないと、オートオフ(一時停止)します。
    オートオフ(一時停止)は約2時間継続します。
    オートオフ中は、くらしカメラAIが動作(点灯)して、在室者が居ないか検知します。 オートオフ中は、エアコン本体の[eco]と[運転]ランプが消灯し、[オートオフ]のみ点灯します。
    air_post126_006.png

    人を検知すると、通常の運転に戻ります。

  3. オートオフ中に人を検知しないと運転が停止します。
    エアコン本体のランプは全て消灯します。
    air_post126_007.png

リモコンの液晶表示は、運転状態のまま(「暖房」や「冷房」など)です。
運転する場合は、お好みのボタン(「暖房」や「冷房」など)を押してください。


  • [AIこれっきり]運転で、不在時も連続してエアコンをご利用になる場合は、[オートオフ]の設定を解除してください。

  • 乳幼児・お子様・お年寄り・病気の方・体の不自由な方など、ご自身でエアコンの操作が出来ない方が在室している場合は、[オートオフ]の設定はしないでください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。