ページの本文へ

Hitachi

「換気みまもりAI」とは、エアコン本体に搭載されている「くらしカメラAI」で、部屋にいる人数や活動量を自動的に検知し、部屋のCO2(二酸化炭素)濃度をAIで推定して、換気のタイミングをお知らせする機能です。
「換気みまもりAI」による制御中は「くらしカメラAI」のランプが点灯します。

お知らせがありましたら、風の流れができるように、2方向の窓やドアを約5分間程度開けることをおすすめします。
窓を開けて換気をしていただくと、換気を検知します。換気を検知すると、約5~10分間、節電して運転します。

「換気みまもりAI」については、動画でもご紹介しています。


換気みまもりAIは「くらしカメラAI」を使って動作します。くらしカメラAIについて詳しくは、以下のページをご覧ください。


目次



機能説明

換気中に室温が上がると、従来の制御方法では出力を上げて設定温度に近づけようとしましたが、「換気みまもりAI」では、エアコンが換気中を検知して、無駄な運転を抑えて省エネ運転を行います。
また、外気温をチェックし、省エネ制御と快適制御を自動で切り換えます。
air_post127_001.png



設定/解除方法

ここでは、XシリーズRAS-X40M2を例に説明しています。詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

設定方法

  1. リモコンの蓋を開け、[機能選択]ボタンを押す
    air_post127_002.png


  2. [進む]ボタン(上向きの矢印)、[戻る]ボタン(下向きの矢印)を数回押して、「換気」を点滅させる。
    air_post127_003.png

    *点滅後何も操作をしないと、約10秒後に点滅は消え、選択状態が終了します。

  3. リモコンを室内機に向けて[設定]ボタンを押す
    *「ピッ」と鳴り、[換気]の表示が点滅から点灯に変われば設定は完了です。

解除方法
解除するときは、設定する時と同じ操作でリモコン画面に[換気]を点滅させ、最後に[取消]ボタンを押してください。


換気のお知らせ方法

換気のタイミングになると、「音声」と「運転ランプ」でお知らせし、約5分、換気がされているかどうかの検知を行います。約5分間を目安に、換気を行ってください。

運転ランプ
3秒点灯⇔3秒減光を繰り返しながら、約5分間換気の検知をします。
air_post127_004.png

音声
以下の音声が流れます。(音声レベルの初期設定「2」の場合の例)

「空気循環のため、換気することをお勧めします。換気終了後は窓やドアを必ず閉めてください。」

*午後11時~午前7時のあいだは、音声でお知らせしません。
*「音声おしえて」機能の音声レベルを「0」に設定した場合は、音声でのお知らせはしません。音声レベルの設定変更は、リモコンで操作できます。詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

お知らせ中に換気されたことを検知すると、最大で10分節電運転します。


  • エアコンが停止している間は、換気みまもりAIは作動しません。
  • 「みはっておやすみ」や「快眠」の設定中や、「クリーン」、「ランドリー」、「けつろ抑制」の運転中は、くらしカメラAIのランプが消え、換気みまもりAIが作動しません。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。