ページの本文へ

Hitachi

「くらしカメラ」はお部屋に居る人を識別し、在室時間を把握したり人数や活動量、部屋の間取りや家具の配置などを検知する機能です。
そこから得られる様々な情報を組み合わせて、高精度な空調制御を行うことができます。
なお、検知できる項目や利用できる空調機能は機種によって異なりますので、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

「くらしカメラ」で検知できる範囲や、使用しない場合の設定については以下を参考にしてください。


[「くらしカメラ」で検知できる範囲]
「くらしカメラ」の検知範囲はお部屋を上から見た場合で、室内機を中心に約150度の範囲で約7m先までです。
また、横からみた場合で、くらしカメラの位置から下方向に約45度の範囲で人を検知します。
お部屋に人がいてもこの検知範囲外にいるときは検知できません。
n2rac13-1.PNG
n2rac13-2.PNG

[「くらしカメラ」を使用しない場合の設定]
「くらしカメラ」の動き・光が気になるときは、「くらしカメラ」を使用しない設定に変更できます。

[参考:2018年度Xシリーズ]
n2rac13-3.PNG

  1. 運転を停止する

  2. リモコンを室内機に向けて、[風速]ボタンを押しながらn2rac11-2.PNG[戻る]ボタンを押し、「0」を表示させる

  3. 室内機から「ピッ」と、受信音が鳴ったことを確認する
    受信が鳴りましたら、設定完了です。

※「切/入タイマー」を予約中は、設定の変更はできません。
※「くらしカメラ」による機能が使用できなくなります。
※「くらしカメラ」を使用したまま、「くらしカメラ」のランプだけを消すことはできません。

操作手順は機種によって異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。