ページの本文へ

Hitachi

お買い上げ時は、本体のリチウムイオン電池(内蔵バッテリー)の消耗を防ぐために、放電防止機能が設定されています。
放電防止機能は、充電することで解除されますので、初めて使うときは、必ず充電をしてからご使用ください。充電時間は約3時間です。(周囲温度・使用時間などのご使用条件により、充電時間が異なる場合があります)

下記の手順に従って、充電してください。

[充電方法]

  1. 充電台を設置する
    充電台は壁に沿わせておいてください。
    図1(充電台の設置).png


  2. 主電源スイッチを「ON」にする
    本体使用時は主電源スイッチを「ON」にしたまま、お使いください。
    (主電源スイッチが「OFF」の状態では充電や操作ができません)
    図2(主電源スイッチを入れる).png


  3. 本体を充電台にセットする
    • 本体を充電台に乗せる際は、本体を両手でしっかり持って、サイドブラシが充電端子の間に挟まれないようにセットしてください。
    • 主電源スイッチが「OFF」のとき、充電台にセットすると、お知らせ表示が表示され、充電できません。

    • robo_a03_001.JPG

      • 電源ランプと赤外線受信部の位置を合わせる。
      • 正しくセットされた場合、音を鳴らしてお知らせします。

        robo_a03_002.JPG

詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

もし充電がはじまらない場合は、以下のページをご覧ください。


ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。