ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

以下を確認してください。

乾燥が足りない場合は、お好みの時間設定で追加運転してください。

  • 洗濯物が多く入っていると、渇きが悪くなる場合があります。
    →洗濯物の量を減らしてください。
  • 乾燥フィルターが目詰まりしていると、乾燥時間が長くなり、生乾きのまま運転が終了する場合があります。
    →乾燥フィルターは乾燥運転が終わったあと毎回お手入れしてください。
  • 乾燥運転中に乾燥フィルターを外さないでください。乾きが悪くなる場合があります。
  • 洗濯物が絡んだまま乾燥すると、乾きムラになる場合があります。
    →脱水運転後に一度洗濯物の絡みをほぐしてから、乾燥運転をしてください。
  • 脱水が不十分なまま乾燥すると、乾燥時間が長くなり、生乾きのまま運転が終了する場合があります。
    →十分に脱水してから、乾燥運転してください。
  • 水栓(蛇口)が開いているか確認してください。
    「空冷除湿方式」設定の場合でも、使用環境によっては水を使用する場合があります。給水されないと、乾燥時間が長くなり、生乾きのまま運転が終了する場合があります。
    →乾燥運転だけの場合でも、水栓は開けてください。
  • 洗濯物の組み合わせや、気温が低い場合(特に冬場)には、乾きムラになる場合があります。
    →「脱水/乾き具合」ボタンで乾き具合を「しっかり」にしてください。
  • 排水ができない場合、正常に乾燥運転ができなくなります。
    →排水ホースや排水口のお手入れをしてください。
  • タオルなどの小さい洗濯物1枚で「スチームアイロン」コースを続けて運転した場合、運転終了後、ドラムの奥に水が残る場合があります。
    →洗濯物を追加して運転してください。

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。