ページの本文へ

Hitachi

エアコンは、室内機と室外機がお部屋の中と外気の熱を交換して、室温をコントロールします。
air_a19_001.png

室内機と室外機は、両方セットでエアコンの働きをしていています。室内機と室外機の間は、冷媒という液体ガスが2本のパイプを循環していて、このパイプを通じて冷房のときは冷たい空気を、暖房のときは暖かい空気を送るはたらきをします。
それぞれのしくみを以下に説明します。


冷房のしくみ

以下の1.から5.の動作を繰り返すことで、お部屋が涼しくなります。

  1. 室内機の熱交換器でお部屋の熱を集めます。
  2. 室内機の熱交換器で、集められた熱を冷媒に乗せて室外機に送ります。
  3. 室外機に送られた熱は、圧縮機でくみ上げられ、外へ放出されます。
  4. 室外機で熱が放出された空気は、冷媒に乗って室内機に戻ってきます。
  5. 熱が放出されて冷えた空気(冷風)を室内機から吹き出し、お部屋を冷やします。
air_a19_002.png



暖房のしくみ

暖房は、冷房とは反対の動作をおこないます。冷房と暖房運転を切り替えると、四方弁という部品で冷媒の流れを切り換えるしくみになっています。
以下の1.から5.の動作を繰り返すことで、お部屋が暖かくなります。

  1. 室内機の熱交換器から冷たい冷媒が室外機に送られます。
  2. 室外機の熱交換器で熱を集めます。
  3. 室外機に集められた熱は、圧縮機で圧縮されて高温になります。
  4. 室外機で高温になった空気は、冷媒に乗って室内機に戻ってきます。
  5. 高温になった空気(温風)を室内機から吹き出し、お部屋を暖めます。



給気や排気の仕様や、冷媒ガスの種類については、以下のページを参考にしてください。



今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。