ページの本文へ

Hitachi

空気清浄フィルター(SP-VCF14、SP-VCF15、SP-VCF16)は、ルームエアコン、メガ暖エアコン(床置きタイプ)、ハウジングエアコン用の別売部品です。
静電気の力を持つ高性能なフィルターで、空気中に含まれる小さな汚れ(PM2.5など)を強力に除去します。
また、ステンレスイオン空清運転と併用することで、空気中のPM2.5を約98%キャッチすることができます。

*32m3(約8畳)の密閉空間での90分後の効果(RAS-X40K2Sを社内試験室25m3(約6畳)で実測した値を32m3(約8畳)での効果に換算したもの)で、実使用空間で計測された結果ではありません。
PM2.5とは、0.1~2.5μmの微小粒子状物質の総称で、空気清浄フィルターで、この0.1μm未満の微小粒子状物質をキャッチできるかは確認されていません。また、空気中の有害物質やウイルスすべてをキャッチできるものではありません。

以下の画像は、空気清浄フィルター(SP-VCF16)の例ですが、SP-VCF14、SP-VCF15とはそれぞれ形状や対象機種が異なります。
air_post123_001.png

対象機種は、以下のページをご確認ください。





空気清浄フィルターを取り付ける方法

空気清浄フィルターは、エアコンのエアフィルターに重ねるように取り付けます。ここでは、2021年発売のXシリーズ(RAS-X40L2)に取り付ける方法を説明しています。

  1. エアコンの電源を切る
    エアコンの運転を停止し、電源プラグをコンセントから抜いてください。
    もし、クリーンランプが点灯しているときは、クリーンランプが消えてから電源プラグを抜いてください。

  2. フロントパネルを取り外す
    フロントパネルの取り外し・取り付けかたは、以下のお手入れのページを参考にしてください。

  3. 前面のエアフィルターを取り外す
    前面のエアフィルターのロックレバーを解除し、上部を持って上から引き抜くようにして取り出します。
    air_post123_002.png

    エアフィルターの取り外し・取り付けかたは、以下のお手入れのページを参考にしてください。

  4. 取り外したエアフィルターの向きを確認する
    エアフィルターの「ウラ」の刻印がある面を上にします。
    air_post123_003.png


  5. 空気清浄フィルターをエアフィルターに取り付ける
    空気清浄フィルターによって、エアフィルターに貼り付けるタイプと、引っかけるタイプがあります。

    SP-VCF14、SP-VCF15の場合
    1. 空気清浄フィルターのはくり紙をはがす
      air_post123_004.png

    2. 2.、エアフィルターに空気清浄フィルターを貼り付ける
      エアフィルターの「ウラ」の刻印がある面に、空気清浄フィルターの切りかきを合わせながら、しっかりと貼り付けます。
      air_post123_005.png


    空気清浄フィルターを貼り付けるときは、何度も貼りなおすと空気清浄フィルターの粘着力が落ちてしまいます。

    SP-VCF16の場合
    エアフィルターの「ウラ」の刻印がある面に、空気清浄フィルターの切りかきに合わせながら、4か所のツメにしっかりと引っかけます。
    air_post123_006.png



  6. エアフィルターを取り付け、フロントパネルを取り付ける
    空気清浄フィルターが付けたエアフィルターを、エアコンの元の位置に取り付け直し、フロントパネルを取り付けてください。

  7. 電源プラグをコンセントに差し込む
    エアコンの電源プラグをコンセントに差し込んでください。



空気清浄フィルターは、半年から1年を目安に交換してください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。