ページの本文へ

Hitachi

電子レンジでトーストを焼く方法は、温度や焼き時間を設定する手動調理と、オートメニューの「トースト」で焼く、オート調理があります。


  • 電子レンジでトーストを焼く時間は、トースターよりも時間がかかります。
  • 手動調理、オート調理ともに片面しか加熱されないため、途中でトーストを裏返す必要があります。
  • バター、ジャムなどを多量に塗って加熱すると、油分が発火し、火災の原因になる可能性があります。バター、ジャムなどを塗る場合は、片面を焼いたあと、裏返して少量を塗るようにしてください。
    また、多めに塗りたい場合は、焼きあがったあとで塗るようにしてください。
  • 手動調理でトーストを焼く場合、テーブルプレートがある機種は、テーブルプレートを事前に外してください。

    n3cook2-1.PNG


トーストを焼く方法

以下の手順は、ヘルシーシェフ MRO-W10Zを例にしています。メニューの名称や加熱時間は機種によって異なるため、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

  1. 食パンを焼網の中央に寄せて並べる
    *焼網の端に食パンを置くと焼き色がつきません。

  2. 食パンを置いた焼網を、黒皿の上に置く
    *ターンテーブルの機種は、丸皿を外し、焼網の上に直接食パンを置いた状態で電子レンジに入れてください。
    range_a65_001.png


  3. 中段に入れ、食パンの枚数に応じて、加熱する
    加熱方法は、手動調理と、オート調理で手順が異なります。

    手動調理で焼く場合
    1. [手動]を押す
    2. [グリル]を押す
      range_a65_002.png


    3. 枚数に応じた焼き時間を設定する
      食パン1~2枚の目安時間:4~7分(連続して焼くときは2~3分)
      食パン3~4枚の目安時間:4~9分(連続して焼くときは2~4分)

    オート調理で焼く場合
    *オート調理ができる食パンは、厚さ1.5~3cmの6枚切りで、薄すぎても厚すぎても焼けないため、4枚切り、8枚切りは手動調理で焼いてください。
    また、3枚以上焼く場合は、枚数が多すぎても焼けないため、2枚以下にするか手動調理で焼いてください。

    1. [料理]を押す
    2. [調理分類]を押す
    3. 左右のボタンを押し、[パン・ピザ]を押す
    4. 左右のボタンを押し、[トースト(裏返し)]を押す
      range_a65_003.png

    5. 付属品、仕上がりを確認し、[枚数:1枚]または[枚数:2枚]を押す
    6. [あたためスタート]ボタンを押す
      *加熱時間は、約7分(冷凍の場合は約8分)です。

  4. 裏返しの報知音が鳴ったら、裏返して再び加熱する
    食パン1~2枚を再加熱する目安時間:1~3分(連続して焼くときは1~2分)
    食パン3~4枚を再加熱する目安時間:1~4分(連続して焼くときは1~3分)

  5. 加熱が終了したら、すぐに取り出す
    焼き色が少ない場合や、焼き加減が不足していたときは、不足していた面を上にして、手動調理で様子を見ながら焼いてください。


  • ターンテーブルの機種は、裏返しが不要です。
  • 冷蔵または冷凍保存した食パンは、パンの厚さ、種類、大きさや保存状態によっては、焼け具合にむらが出たり、中まであたたまりにくくなることがあります。
  • 焼き色を変えたいときは、仕上がり調節で調節ができますが、当分や油脂分が多く含まれるものや、厚いものは濃く焼けるため、仕上がり調節を「弱」、「やや弱」で加熱してください。

カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。