ページの本文へ

Hitachi

「真空チルド」「オート」「チルド」「氷温」が点滅しているときは、真空チルドルームが真空になっていないというお知らせです。
以下の内容をご確認ください。


  • ハンドルを押し下げロックをし、冷蔵庫のドアを閉めてからすぐに開けていませんか?
    ドアを閉めて3~4分程経過しないと真空状態になりません。

  • ハンドルはしっかり下がっていますか?
    ハンドルを最後までしっかり押し下げて、ロックしてください。
    rei_shinku_ng1.JPG

  • 真空パッキンと受け皿の間に、挟まっている物はないですか?
    rei_shinku_ng2.JPG

    rei_shinku_ng3.JPG

    髪の毛などは取り除き、食品の包装などは挟まらないようにしてください。

  • 真空パッキンと受け部が汚れていませんか?
    rei_shinku_ng4.JPG

    汚れをふき取ってから、取り付け直してください。
    rei_shinku_ng5.JPG

    お手入れ方法については、以下のページもぜひご覧ください。
    →「真空チルドルームのお手入れはどうしたらよいですか?

  • ケースに氷や霜が付いていませんか?
    やわらかい布にぬるま湯を含ませて、氷や霜を拭き取ってください。
    拭き取れないほど多い場合や、頻繁に付いている場合は、以下をご確認ください。
    →「真空チルドルームに霜や氷が付きます。

  • 真空解除弁(青色)が外れたり、緩んだりしていませんか?
      rei_shinku_ng6.JPG

    ハンドルの裏にある「真空解除弁」が、外れたり、緩んでいる場合はしっかりと取り付け直しをしてください。

  • 真空パッキンがくっついていたり、浮いていませんか?
    rei_shinku_ng7.JPG

    パッキン本体(ベース)と、端のゴム(ヒレ)がくっついている場合は、ゆっくりとはがして隙間を空けてください。
    rei_shinku_ng8.JPG

    パッキンが枠から浮いたり、外れたりしないように、枠に沿ってしっかり押し込んでください。 rei_shinku_ng9.JPG

  • 真空パッキンが破損したり、消耗していませんか?
    真空パッキンが破損した場合や長期間のご使用で消耗した場合は、取扱説明書の「別売部品」に記載されている真空パッキンをお買い求めの上、交換してください。部品番号は各製品の取扱説明書から確認が可能です。
    パーツはお買い上げの販売店またはお近くの日立のお店でご購入(お取り寄せ)できます。

真空パッキンに破損や消耗がなく、改善されない場合は、冷蔵庫本体に不具合が発生している可能性があります。
お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。