ページの本文へ

Hitachi

ごみを捨てたときや、お知らせ表示が表示されたとき、汚れが気になるときはお手入れをおこなってください。 以下を参考にお手入れをおこなってください。

[回転ブラシを取り外してごみを取り除くとき]

  1. 吸込口カバーを取り外す
  2. 本体を裏返して、吸込口カバーのレバーを両側から挟む

    [図1]吸込口カバーのレバーを両側からはさむ.png

    吸込口カバーを取り外す

    [図2]吸込口カバーを取り外す.png

  3. 回転ブラシを取り外し、回転ブラシ、取り付け部に絡みついたごみを取り除く
  4. [図3]回転ブラシを取り外す.png

    凹部に絡みついたごみはピンセットなどで取り除く

    [図4]ピンセットなどで取り除く.png

    回転ブラシのはけの凹部に絡みついたごみははさみなどで切って取り除く

    [図5]回転ブラシのはけ.png

    汚れが気になるときは、水洗いしてください。

    [図6]回転ブラシ水洗い.png

    ※お願い

    • 洗剤、漂白剤などを使用しないでください。変色、変形などの原因となります。
    • 水洗いした場合は、陰干しで十分に自然乾燥させてから取り付けてください。
      乾燥には約24時間必要です。(乾燥時間は、環境や季節によって異なります)

  5. 回転ブラシを凹部に合わせ、元どおり取り付ける
  6. [図7]元どおり取り付ける.png

  7. 吸込口カバーのつめを引っ掛け、倒す
  8. [図9]つめを引っ掛け、倒す.png

  9. レバーが「カチッ」と音がするまで図の4か所を押す
  10. [図10]4か所を押す.png

  11. 吸込口カバーを引っ張って外れないことを確認する
  12. [図11]回転ブラシ注意.png

[回転ブラシを取り外さないでごみを取り除くとき]

  • 回転ブラシに絡みついたごみははさみなどで切って取り除く
  • ローラーに絡みついたごみは、回しながらお手入れブラシで取り除く
  • かきとりブラシに付いたごみは目に沿って取り除く
  • [図12]はさみなどで取り除く.png

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。