ページの本文へ

Hitachi

無線LAN機能に対応する製品でスマートフォンを使って本体を遠隔操作するためには、最初にペアリング設定をおこなって本体とスマートフォンを互いに認識させる必要があります。 最初に、スマートフォンを使って本体を遠隔操作するために以下の必要な環境があることを確認してください。

  1. インターネット接続環境がある
    • インターネットの接続には、インターネットプロバイダーとの契約とインターネット回線が必要です。
    • インターネット回線の開設にはインターネットプロバイダーによる回線引き込み工事とモデム(デジタル通信の送受信装置)が必要な場合があります。
    • 集合住宅によっては、住居の賃貸借契約にインターネット接続環境が含まれる場合があります。詳しくはご契約内容を確認ください。
    • ご使用のネットワーク接続環境によっては、ご利用できない場合がありますので、事前にご契約の通信会社にご相談ください。複数の無線LAN対応機器同士の通信(パソコンとプリンター間など)が禁止されているとご利用できません。
  2. 無線LANルーターが設置してある
    • 通信規格はIEEE802.11b/g/n(2.4GHzのみ)のいずれかに対応しているものが必要です。ただし、全ての無線LANルーターを動作保証するものではありません。
    • IEEE802.11.nの5GHzやIEEE802.11.acなどの5GHz帯の無線LANルーターには接続できません。
    • スマートフォンや無線LANルーターのセキュリティ対策を行っていない場合、不正侵入される可能性があります。必ずパスワードなどを設定してください。
    • 暗号方式WPA2またはWPA(いずれもTKIPまたはAES)の設定ができる無線LANルーターを使用してください。
    • インターネット回線のモデムに無線LANルーター機能を一体化しているものもあります。
  3. 対応機種のスマートフォンがある
    • AndroidまたはiOS(iPhpne)のスマートフォンを使用してください。タブレット端末は動作保証の対象外です。対応OSバージョンについては下記のサイトからご確認ください。
    • 対応機種のスマートフォンは本体を接続する無線LANルーターに接続してください。本製品の全ての機能を使用するためには、スマートフォンも2.4GHz帯の無線LANルーターに接続する必要があります。
    • スマートフォンを無線LANルーターに接続できないときは、をご確認ください。
  4. 専用アプリをスマートフォンにインストールしている

必要な環境が準備出来たら、ペアリング設定してください。

詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。