ページの本文へ

Hitachi

槽洗浄コースは、洗濯運転時につけおきをする行程があり、洗濯・脱水槽が静止する時間帯があるため、運転が停止しているように見えますが、故障ではありませんのでご安心ください。
ドラム式の場合は、つけおき状態にはならず、一定時間経過すると運転(回転)がはじまります。

槽洗浄コースの流れと時間の目安を以下に説明します。時間や液晶の表示は機種によって異なる場合があります。詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をあわせてご確認ください。


槽洗浄コースの流れ

槽洗浄コースで運転を開始すると、以下の流れで自動的に運転されます。

1.給水し、約15~20分かくはんします。


2.つけおきをします。

槽洗浄を3時間に設定した場合は、約1時間30分、11時間に設定した場合は約9時間30分静止状態になります。その間、表示部のランプは以下のように点灯します。

  • 時間表示がない機種
    [洗い]ボタンの時間が、9、6、3を繰り返し点灯されます。
    新10-1.png

  • 時間表示がある機種
    液晶が2桁のパネルは、残時間が99分(1時間39分)以下になったら表示されます。
    新10-2.png

    液晶に「時間」と「分」があるパネルは、9時間59分以下になったら表示されます。
    新10-3.png


3.すすぎをします。

すすぎの回数は、機種によって異なります。お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

4.脱水後、槽乾燥をします。

タテ型は約30分脱水し、洗濯乾燥機とドラム式は、脱水から乾燥まで約30分~1時間かかります。槽乾燥をおこない、洗濯槽のにおいを取ります。


槽洗浄の方法や洗濯槽クリーナーを使用時のご注意は、以下のページをご確認ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。