ページの本文へ

Hitachi

乾燥フィルターは、乾燥運転を行ったあと毎回お手入れしてください。
乾燥フィルターのお手入れをしても、お知らせ表示「乾燥フィルター」が表示される場合は乾燥フィルター差し込み口のお手入れをしてください。

乾燥運転を行わない場合でも、結露などにより乾燥フィルターが湿ることがあり、放置するとカビが発生する恐れがあります。
お手入れ方法については、以下の項目をご確認ください。

※以下の手順は、BW-DX120Bの場合の一例です。 乾燥フィルターの取り外しかたなどお手入れ方法については、機種によって異なります。詳しくは、取扱説明書をご覧ください。


乾燥フィルターのお手入れ方法


[参考:BW-DX120Bの場合]

  1. 乾燥フィルターを手前に引き出す
    s3wash7-1.PNG

  2. フィルターを外す
    1. ロックレバーを外す
    2. フィルターBを持ち上げる
    s3wash7-2.PNG

  3. フィルターAのつまみを持って、垂直に引き上げ、取り外す
    s3wash7-3.PNG

  4. フィルターA、Bのネットに付着したほこりを、掃除機で吸い取る
    wash_a155_01.png

    ※汚れがひどい場合は、手でやさしく洗い流してください。
    水洗いした後は、よく乾かしてから取り付けてください。
    ※洗剤、漂白剤などは使用しないでください。
    wash_a155_02.png

  5. フィルターを取り付ける
    1. フィルターAを乾燥フィルター本体に取り付ける
    2. フィルターBを閉じる
    3. ロックレバーで固定する
    s3wash7-5.PNG

  6. 乾燥フィルターを引き出した位置に取り付ける
    乾燥フィルターが正常に取り付けられていないと、お知らせ表示「C15」が表示されます。乾燥フィルターが取り付けられていないと洗濯や乾燥運転ができません。
    正しく取り付けられているかご確認ください。
    ※電源を入れたときに、お知らせ表示「乾燥フィルター」が表示される場合は、スタートボタンを押すと消えます。

乾燥フィルター差込口のお手入れ

  1. 乾燥フィルターを引き出す
    乾燥フィルター差し込み口に手や指を入れないでください。
    取り付け内部が狭いため、けがをするおそれがあります。

  2. 付属品のスイコミノズルを掃除機の吸い込み部に取り付ける
    wash_a155_03.png

  3. 乾燥フィルター差し込み口の奥に付着したほこりを掃除機で吸い取る
    乾燥フィルター差し込み口が乾いている状態で行ってください。
    水分を含んだほこりを吸い込むと掃除機が故障する可能性があります。
    wash_a155_04.png

  4. 乾燥フィルターを引き出した位置に取り付ける
    乾燥フィルターが正常に取り付けられていないと、お知らせ表示「C15」が表示されます。乾燥フィルターが取り付けられていないと洗濯や乾燥運転ができません。
    電源を入れたときに、お知らせ表示「乾燥フィルター」が表示される場合は、スタートボタンを押すと消えます。


上記をご確認いただき、改善されない場合は、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。



乾燥フィルターは消耗品です。乾燥フィルターが破れた時などは、以下のご参照ください。



今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。