ページの本文へ

Hitachi

取扱い絵表示に記載がないものはおやめください。

衣類には、基本的に洗濯表示用のタグ(取扱い絵表示)がついています。
取扱い絵表示は、洗濯(洗いかた)と乾燥(干しかた)に何が適し、何が適していないかが記載されています。詳しくは、以下のページを事前にご確認ください。
→「衣類の「取扱い絵表示」について教えてください。


【洗濯や乾燥をすると変形の恐れがあるもの 】
洗濯物の縮み、形くずれ、変色、損傷、風合いの劣化などを防ぐため、以下の衣類は洗濯や乾燥しないでください。

  • 皮革、毛皮、羽製品およびその装飾品付き製品
  • レーヨン、キュプラおよびその混紡品
    ※縮んだり、形くずれしたり、変色する場合があります。
  • 絹製品
    ※縮んだり、形くずれしたり、変色する場合があります。
  • 和服、着物、和製の小物
  • カシミヤ、ウールなどで強くよじった糸(強撚糸)を使用したセーターなどのニット製品
  • コーティング加工、樹脂加工、エンボス加工をした製品
  • ベルベットなどのパイル地製品
  • スパンコールが付いたドレスや舞台衣装など
  • ネクタイ、スーツ、コート
    ※縮んだり、形くずれする場合があります。
    ※「消臭・除菌」コースは使用できます。(NW-D6HXは除く)
  • 洗濯の取扱い絵表示に、クリーニングの丸いマークのものや、洗濯禁止の「×」マークが記載されている製品
    ドライコースについては、以下のページをご確認ください。
    →「ドライ/おしゃれ着コース、ソフト/デリケートコースの違いについて教えてください。
  • 取り扱い絵表示がついていない、素材の表示が記載されていない製品
  • 毛100%や毛足10mm以上の毛布、カーペットカバー
  • 防水性のダウンジャケット、ダウンコート
  • 羽製のファーなどが付いたダウンジャケット、ダウンコート
    ※取扱い絵表示が「手洗い」かつ、洗濯機で通常の洗濯ができるマークがついていれば、お洗濯キャップを使い、毛布コースで洗濯できます。
    また、スマートフォンアプリ「コンシェルジュ」で「ダウンジャケットコース」が使用できる機種もあります。


【洗濯機や乾燥機の故障の原因となるもの】
脱水時の異常振動によるけがや、本体の故障などを防ぐため、以下の製品は洗濯や乾燥しないでください。

  • 防水性製品
    ※洗濯物が片寄りやすく、本体の故障・洗濯物の破れの原因になります。
  • 裏面にゴムが付いているマット類、厚手または毛足の長いマット類 (玄関マット、ラグマット、敷物など)
    ※洗濯物が片寄りやすく、本体の故障の原因になる恐れがあります。
  • カーペット
    ※洗濯物が片寄りやすく、本体の故障の原因になる恐れがあります。
  • ペットの毛が多量に付着したもの
    ※排水口の詰まりの原因になります。
  • 市販の洗濯補助具 (洗濯ボール、ゴミ取りフィルターなど)
  • 座布団や枕、ふとん、クッションなど、わたやウレタン(スポンジ類)を使ったもの

洗濯乾燥機の購入・買い替えをご検討中の場合は、以下のページも参考にしてください。
→「洗濯乾燥機をご購入になる前にお読みください


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。