ページの本文へ

Hitachi

運転スイッチの「強/中/弱」ボタンを押すごとに、「強」→「中」→「弱」の順に吸引力を切り替えることができます。
以下の画像は、CV-SP900Jの例です。
clean_a104_001.png

「強/中/弱」ボタンを切り替えることで、回転ブラシの回転力も切り替わります。それぞれ以下のような場合のお掃除をおすすめしています。

  • 強:じゅうたんの念入りなお掃除に
  • 中:普通のお掃除に
  • 弱:フローリング、畳などのお掃除や、静かにお掃除したいときに


  • 床面の材質や、ごみの量のよって切り替えてください。
  • 新しい畳を回転ブラシを「入」にしながらお掃除すると、畳の表面に磨かれたような跡がつくことがありますので、気になる場合は、回転ブラシを止めてご使用ください。
  • 床面の傷つき防止のため、フローリングや畳の目に沿って、まっすぐに動かしてください。
  • ワイドふとんブラシ、ふとん用吸口など、ふとんで使用する付属品で、床や畳、じゅうたんは床面に傷をつける恐れがありますので、お控えください。

カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。