ページの本文へ

Hitachi

以下の場合は、フィルターのお手入れが必要です。

  • パックフィルター(紙パック)を交換しても「本体のランプ」が点滅し続ける
  • パックフィルター(紙パック)を交換しても吸込み力が回復しない
  • フィルターの汚れが気になる

以下を参考にお手入れしてください。
フィルターをお手入れする前に、パックフィルターを取り出してください。
フィルターの取り外し方、水洗いできるかなどは機種によって異なりますので、詳しくは、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。


[参考:CV-PF900の場合]

  1. 上ふたを開け、フィルター枠からフィルターを取り出す
    s1clean16-1.PNG

  2. フィルターを水で軽く押し洗いしてから、たたいて水気を切って、十分に乾燥させる
    s1clean16-2.PNG

    ※フィルターは洗濯機で洗わないで下さい。また、ヘアードライヤーなどの熱風で乾燥させないでください。
    性能低下や変形の原因となります。

  3. フィルターをフィルター枠に取り付ける(フィルターの向きに注意する)
    フィルターの穴にフィルター枠の突起を差し込み、つめ(7か所)に挟み込むように取り付けます。
    s1clean16-3.PNG

[注意]
フィルターを取り付けて運転してください。発煙・発火の恐れがあります。

フィルターの取り替えをご希望される場合は、お買い上げの販売店にご相談ください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。