ページの本文へ

Hitachi

エアコンの室内機から「シュルシュル」「サー」「ボコボコ」「プシュー」などの音が出る場合は、パイプの中を冷媒が流れるときや、冷媒の流れを切り換える弁が動いているときに出る音です。
air_a09_01.png

特に「カラッと除湿」や「涼快」運転をしているときは、冷媒の流れの切り換えが頻繁におこなわれることで、音がより聞こえやすくなりますが、故障ではありませんのでご安心ください。
もし、音が出続けたり、以前よりも明らかに大きくなっている場合は、修理相談窓口あるいは販売店に点検のご相談をしてください。



以下の使いかた動画のページで、「冷媒の流れる音」を紹介しています。この音は、他シリーズも共通です。


その他の音が気になる場合は、以下のページをご確認ください。



今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。