ページの本文へ

Hitachi

暖房運転が正常にでき、白煙が出るとき、異臭がしないようであれば、過熱などの故障によるものではありません。空気中の水分が霧状になって白煙のように見えるものです。
これは、寒い朝、吐き出す息が白くなるのと同じ現象です。
air_a13_001.png

外気温度が低下して室外機内部にある熱交換器の温度が0℃以下になると、熱交換器に霜がつくことがあります。
霜が多量に付着すると暖房能力が低下し、室内も暖まりにくくなるため、霜を溶かす霜取り運転を行います。

霜取り運転が終了し、暖房運転に復帰するときに、熱交換器によって温められた高湿度の空気が、ファンによって吐き出され、低温の外気と接触することで霧が発生して白煙のように見える場合があります。

※白い煙が出続ける場合や異臭がするなど、上記に該当しない場合は、運転を止めてご使用を中止し、お買い上げの販売店、または修理相談窓口へご相談ください。



霜が溶けた水は、室外機のベースに開けられた穴から排水されます。以下のページもあわせてご参照ください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。