ページの本文へ

Hitachi

お使いのエアコンの除湿機能が、「再熱除湿方式」か「弱冷房方式」かを確認する方法は、カタログ取扱説明書以外にも、リモコンのボタンで確認できます。


再熱除湿方式:[カラッと除湿]ボタン

air_a41_001.png



弱冷房方式:[除湿]ボタン

air_a41_002.png



再熱除湿方式とは

  • 再熱除湿方式とは、エアコンが取り込んだ湿った空気を、冷やして湿気をとったあと、暖めて適温に調整し、カラッとした快適な空気を部屋に送る方式です。
    冷やした空気を暖める際には、室外機の排熱の一部を利用しています。
    air_a41_003.png


  • 再熱除湿方式は、カタログや取扱説明書にカラッと除湿と記載されています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

  • エアコンの内部で空気を暖め直してから送風するため、その分、冷房運転よりも若干電気代がかかります

弱冷房方式とは

  • 弱冷房方式とは、エアコンが取り込んだ湿った空気を、弱めの冷房運転で冷やして湿気をとったあと、そのまま部屋に送る方式です。そのため「再熱除湿方式」に比べ、肌寒く感じることがあります。
    air_a41_004.png


  • 弱冷房方式は、カタログの除湿機能欄に「ソフト除湿」または「3モード除湿」と記載されています。

  • 除湿運転が動作するには、エアコンの設定温度を室温よりも低く設定する必要があるため、梅雨時のように外気温・室温が低く、湿度が高い場合は、条件により除湿運転が動作しない場合があります。
    *弱冷房方式(ソフト除湿)の動作条件は、外気温10℃以上、室温16℃以上です。

  • 弱冷房方式(ソフト除湿)は風量が少ないため、外気温や室温が高い場合に、除湿しながら室温を下げる目的で使うとなかなか室温が下がりません。そのような場合は、まず冷房運転で室温を下げてから、除湿運転に切り替えることをおすすめします。

  • 弱冷房方式(ソフト除湿)の除湿運転は冷房運転と比較すると、風量が常に弱めで抑えられる分、若干電気代が安くなります。




カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。