ページの本文へ

Hitachi

フラップ(ルーバー、風向板)は水洗いせず、やわらかい布で拭いてください。
水洗いをしたり強い力で拭くと、故障の原因となります。また、硬い布で拭くと傷が付くことがありますのでご注意ください。

フラップの取り外しについて
2005年以降に発売されたエアコンは、ご自身でフラップを取り外すことができません。
取り外す場合は、お買い上げの販売店、または修理相談窓口に点検をご相談してください。

2004年以前に発売されたエアコンは、フラップを取り外しできる機種と、できない機種があります。
取扱説明書の「お手入れ」のページをご確認ください。


お手入れ方法

フラップの形状によって手順が異なります。お手入れをするときは、以下の手順でおこなってください。



フラップが1枚板の場合

air_post34_01.png

  1. エアコンの運転を停止してから、電源プラグを抜いて5分ほどおく

  2. 電源プラグを差し込み直す

  3. 初期動作(イニシャライズ)で上下風向板が開いたら、再度電源プラグを抜く
    電源プラグを抜いた時の位置でフラップが停止します。

  4. やわらかい布でやさしく拭き取る
    フラップの裏側を手で支えながら、ほこりを取り除いてください。

  5. 正常に運転するか確認する
    お手入れが完了したら、電源プラグをコンセントに差し込み、リモコンのボタンを押して運転するか確認してください。


フラップが3分割の場合

air_post34_03.png

  1. エアコンの運転を停止してから、電源プラグを抜いて5分ほどおく

  2. 電源プラグを差し込み直す

  3. リモコンで運転を開始し、すべてのフラップが開いたところで、「停止」ボタンを押す
    運転は冷房・除湿・暖房のいずれかを開始してください。

  4. フラップが閉じる前に、電源プラグを抜く
    電源プラグを抜いた時の位置で、フラップが停止します。

  5. やわらかい布でやさしく拭き取る
    フラップの裏側を手で支えながら、ほこりを取り除いてください。

  6. お正常に運転するか確認する
    お手入れが完了したら、電源プラグをコンセントに差し込み、リモコンのボタンを押して運転するか確認してください。


カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。