ページの本文へ

Hitachi

運転中に風向板が動いていない場合は、以下を参考にしてください。
気になる場合は、設定温度・設定湿度を変更するなどして、風向板が動くかお試しください。

運転の種類や動作条件は機種によって異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

[参考:2018年度Xシリーズの場合]
次のときは風向板のスイングが停止します。

運転の種類こんなとき
暖房運転
  • 予熱・みはって霜とり中
  • 設定温度になったとき
冷房運転
  • お部屋の温度・湿度が高い状態が続いているとき
カラッと除湿運転
  • 室温が1℃以下のとき
  • 設定温度になったとき
  • お部屋の温度・湿度が高い状態が続いているとき
涼快運転
  • 室温が設定した温度より低く、運転を停止しているとき
  • お部屋の温度・湿度が高い状態が続いているとき

※暖房運転中の、「予熱」、「みはって霜とり」中は、風を冷たく感じないように自動的に風向を上向きにします。
※「冷房」、「カラッと除湿」、「涼快」運転中に、お部屋の温度・湿度が高い状態が続くと、エアコン(室内機)に露がついて落ちるのを防止するため、上下・左右風向板の角度が変化したり、スイングが停止することがあります。温度・湿度が下がると元に戻ります。

修理する場合の目安はこちら

ご申告内容に対する故障時の修理対応目安を表示いたします。
お使いになっている製品の型式を入力ください。

ご利用型式
※半角英数字で入力してください(例:RASX80J2)

※ご利用型式が不明の場合はこちら
ご確認後、そのままWEBにて修理のお申し込みも可能です。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。