ページの本文へ

Hitachi

リモコンで操作してもエアコンが動かない場合は、リモコンあるいはエアコン本体の問題が考えられます。

リモコンの[冷房]または[暖房]ボタンを押したときに、エアコン(室内機)の運転ランプが点灯し、[停止]ボタンを押すと運転ランプが消灯するか確認します。

a06-01.jpg

[運転ランプが点灯・消灯する場合]
リモコンからの信号を受信できています。
それでも風が出てこない・よく冷えない(温まらない)場合は、以下のページをご確認ください。
→「使い方動画:運転ランプが点灯しているのに運転していない(Xシリーズ)
→「よく冷えない/冷たい風が出てきません。


[運転ランプが反応しない(点灯・消灯しない)場合]
リモコンからの信号を受信できていない状態です。以下の対処方法をおためしください。


[リモコンの信号を受信していない]

  1. リモコンの液晶画面の表示が、押したボタン通りに変わるか確認します。
    a06-02.jpg

    改善しない場合は、以下のページをご確認ください。
    →「リモコンの表示が押した通りに変わりません。

  2. リモコンを室内機に近づけます。
    リモコンと室内機の間を、1m以内にして操作してください。

  3. リモコンから信号が出ているか確認します。
    以下の点検方法で、リモコンから信号が出ているかご確認ください。

    [リモコンをAMラジオに向けて点検する方法]
    AMラジオと周波数と混在させることで、リモコンの動作を確認することができます。
    リモコンのボタンを押したときに、ラジオから雑音(ビービー音)が聞こえればリモコンが反応しています。
    b3rac2-1.PNG

    [カメラ付き携帯電話・スマートフォン・デジタルカメラでの点検]
    1. 携帯電話・スマートフォンの場合は、カメラ機能にしてください。
    2. リモコンの送受信部が映るようにセットしてください。
    3. リモコンを操作した場合に、モニターに送信部が発光すれば正常です。
      ※ 一部、赤外線が映りにくい機種もあります。
    b3rac2-2.PNG

  4. リモコンの乾電池を交換します。
    以下のページを参考に、新しい乾電池に交換をしてください。
    →「使い方動画:リモコンの準備 (Xシリーズ)

    ソーラーパネル付きのリモコンの場合は、電池カバーを開け、中にある小さなスイッチレバーが「内蔵電池」になっているか「乾電池」になっているかご確認ください。
    お使いのリモコンがソーラーパネル付きかどうかは、取扱説明書をご確認ください。

上記を確認しても改善しない場合は、リモコンの不具合が考えられます。以下のページをご確認いただき、お近くの日立のお店や家電量販店にご相談ください。
→「リモコンは購入できますか?

リモコンに問題が無い場合は、以下の「室外機、室内機に問題がないか確認する方法」をご確認ください。


[室外機、室内機に問題がないか確認する方法]

  1. 電源が正しく入るか確認します。
    室外機、室内機ともに電源プラグがコンセントにしっかりと差し込まれていることをご確認ください。
  2. 電源が正しく入るか確認します。
    a06-03.jpg

    また、停電や、エアコン用のブレーカーが落ちていないか(OFFになっていないか)をご確認ください。
    a06-04.jpg

  3. 応急運転スイッチを押して運転できるか確認します
    リモコンが正常に動作しない場合に、室内機の応急運転スイッチを押すことで、手動で運転確認ができます。
    応急運転スイッチの場所は、機種によって異なります。お使いの取扱説明書をご確認ください。
    a06-05.jpg

    応急運転の方法について詳しくは、以下をご確認ください。
    →「リモコンが使えないときに運転・停止(応急運転)する方法を教えてください。

エアコンが運転しない場合は、以下の動画ページもあわせてご確認ください。
→「使いかた動画:運転しない(Xシリーズ)


上記ご確認いただいても運転しない場合は、エアコン本体の不具合が考えられます。お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。