ページの本文へ

Hitachi

リモコンが故障などで使えないときには、室内機の「応急運転スイッチ」で、エアコンの運転・停止ができます。
なお、スイッチの位置は機種によって異なりますので、詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

[参考:2018年度Xシリーズの場合]
n3rac8.PNG
[応急運転を開始する]
エアコンの停止中に「応急運転スイッチ」を押します。
室温と外気温により、「暖房」「カラッと除湿」「冷房」を自動的に選択する「これっきり自動」を運転します。

[応急運転を停止する]
エアコンの運転中に、「応急運転スイッチ」を押します。


※5秒以上「応急運転スイッチ」を押し続けないでください。
販売店が行う「強制冷房」を運転します。「強制冷房」運転中は、「タイマー」ランプが2回点滅します。
誤って「強制冷房」を運転してしまったときは、「応急運転スイッチ」をもう一度押して、運転を停止してください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。