ページの本文へ

Hitachi

室内機内部乾燥、内部カビ抑制(カビバスター)は、それぞれ以下をご確認ください。


目次


室内機内部乾燥


室内機内部乾燥とは

室内機内部乾燥とは、運転を停止したあと、室内機内部を「暖房」および「送風」で乾燥し、内部のカビの発生を抑制する機能です。
このとき、発生したカビを除去したり、殺菌することはできません。
air_post99_01.png


運転条件・運転時間

冷房・除湿・涼快運転停止後に、自動で内部乾燥運転を約1時間行います。
※ 冷房・除湿・涼快運転時間が10分未満の場合は動作しません。
air_post99_02.png


設定方法

このページでは、RAS-G22Jの操作を例にして説明します。
設定方法は製品により異なります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
air_post99_03.png

  1. 運転停止中にリモコンを室内機に向け、[停止]ボタンを約3秒間押し続ける

  2. [室温上]ボタン(ra_button_up2.JPG)を押し、縦棒(ra_button_hyouzi1.JPG)マークを表示させる
    「ピッ」と音が出たら、室内機内部乾燥が設定されます。

内部カビ抑制(カビバスター)


内部カビ抑制(カビバスター)とは

内部カビ抑制(カビバスター)とは、運転を停止したあと、加熱および送風運転で室内機を乾燥したり、室内機内部にプラズマイオンを充満させてカビの発生を抑制します。
また、停止中も24時間365日エアコン内部を見張り、カビが成長しやすい環境になると自動的に動作し、エアコン内部を湿度約30%以下にキープさせることでカビを抑制します。
air_post99_04.png


運転条件

  1. 冷房、カラッと除湿、涼快運転の停止後
    自動で乾燥運転を行ったあと、室内機内部にプラズマイオンを充満します。
    冷房・カラッと除湿・涼快運転時間が10分未満の場合は動作しません。

  2. 暖房、イオン空清(単独)、送風運転の停止後および停止中
    • 室内機内部の高湿度を検知した時間の合計が約1日以上経過すると、室内機内部にプラズマイオンを充満します。
    • 室内機内部の高湿度を検知した時間の合計が約1週間以上経過すると、乾燥運転を行ったあと、室内機内部にプラズマイオンを充満します。

運転時間

  • 乾燥(加熱および送風)運転:約1時間
  • プラズマイオン充満:約1時間~1時間半

設定方法

設定方法は製品により異なりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。
ここでは、RAS-X22Lの操作を例にして説明します。
air_post99_05.png

  1. リモコンの[機能選択] ボタンを押し、機能選択モードにする。

  2. 上下ボタンを何度か押し、「内部カビ抑制」を表示する。
    液晶表示部に「内部カビ抑制」 が点滅したら、[設定] ボタンを押してください。

いずれの機能も、発生したカビを除去したり、殺菌することはできません。
生えてしまったカビについては、以下のページをご覧ください。


室内機内部を乾燥する機能は、お使いの製品によりその名称や動作、操作方法が異なります。 お使いのエアコンに搭載されている機能の名称は、取扱説明書よりご確認ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。