ページの本文へ

Hitachi

スチームを発生させ、加熱室内の汚れを拭き取りやすくする機能です。
以下を参考に「清掃」を行って下さい。
なお、操作手順は機種によって異なりますので、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。


[「清掃」機能を使用する場合のご注意]
やけど・けがの原因につながるため、以下にご注意ください。

  • 「清掃」の加熱中や終了後、顔などを近づけてドアを開けないでください。
    ※加熱終了後もスチームが出たり、お湯が飛び出したりすることがあります。
  • 「清掃」の中断や、終了後は加熱室側面のスチーム噴出口や本体のネジ部などに触れないでください。
    ※ 加熱室内が熱くない場合でも、高温になっていることがあります。


[「清掃」機能の操作手順]
[参考:MRO-VW1の場合]

  1. テーブルプレートをセットしてドアを閉める。
    2cookn14-1.PNG

  2. 液晶表示部に「0」が表示されていることを確認し、給水タンクに満水ラインまで水を入れてセットする。
    2cookn14-2.PNG

  3. [清掃/脱臭]ボタンを押し、「清掃」を選ぶ。
    ※表示はボタンを押すごとに切り替わります。
    2cookn14-3.PNG

  4. [あたため/スタート]ボタンを押して、スタートする。

  5. 終了音が鳴ったら、加熱室が十分に冷めてから汚れを拭き取る。
    ※加熱室の清掃終了後に、パイプの水抜きを行ってください。
    水抜きの方法について詳しくは、以下をご覧ください。
    →「水抜きの方法を教えてください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?