ページの本文へ

Hitachi

故障ではありません。以下をご確認ください。

  • 設置した直後ではありませんか?
    庫内を冷却するため、コンプレッサーの運転が高速になり点灯しません。

  • ドアの開け閉めが多かったり、一度に多くの食品を収納したりしていませんか?
    ドアの開閉を手早くしたり、一度に収納する量を出来るだけ少なくして、庫内の温度が上がらないようにしてください。

  • 「急冷凍」「急冷蔵」「急速製氷」で運転していませんか?
    各運転が終了後、冷蔵庫の運転状況が安定すれば点灯します。

  • 「野菜室強」で運転していませんか?
    「野菜室強」の運転を止めてください。

  • ドアに食品や袋がはさまり半ドアになっていませんか?
    挟まっているものを取り除いてしっかりと閉めてください。

  • 冷蔵庫の周りの温度は高くありませんか?
    冷蔵庫の周りの温度が約35℃以上になっているときは、冷蔵庫内の温度を保つため、コンプレッサーの運転が高速になり、eco運転サインが消灯します。 その後、周りの温度が下がれば運転が低速になり再びeco運転サインが点灯します。

  • 「eco運転サイン」を消灯する設定になっていませんか?(一部機種)
    点灯する設定にしてください。設定の方法はお使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

[「eco運転サイン」が点灯する条件]
ドアの開閉回数と温度センサーで冷蔵庫庫内の温度の情報を見て、ドアの開閉が少なく消費電力を抑えて運転している(比較的運転が安定している)時に、 自動でeco運転サインが点灯して省エネ運転をお知らせしています。
また、節電モードを利用する場合もeco運転サインが点灯します。
eco運転サインを上手に使う参考にしてください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。