ページの本文へ

Hitachi

冷蔵庫内にあるコンプレッサー(圧縮機)が高速で動いたときに、「ブーン」という運転音が通常よりも大きくなります。しばらくしても止まらない場合や、頻繁に「ブーン」と大きな音が出る場合は、以下の対処方法をご確認ください。


目次

  1. 設置直後か確認します。
  2. 周囲の温度を確認します。
  3. ドアの開閉回数や開閉時間を確認します。
  4. 強く冷やす設定にしていないか確認します。
  5. 真空チルドルームが動作中か確認します。(搭載機種のみ)
  6. 霜取り運転中かどうか確認します。
  7. すべての対処方法をおこなっても改善しない場合
  8. 参考

「ブーン」と大きな音が出たときの対処方法


1.設置直後か確認します。

設置直後は冷蔵庫内を冷やすため運転音が大きくなりますが、しばらくして冷蔵庫内の温度が安定すると、コンプレッサーが通常運転(もしくは省エネ運転)に戻り、音が小さくなります。
設置後に冷蔵庫内が冷えるまでの目安時間については、以下をご確認ください。


2.周囲の温度を確認します。

設置直後や引っ越しなどで冷蔵庫を移動して、以下に該当している場合は、お使いの機種の取扱説明書の「準備する」をご覧いただき、放熱スペースを確保してください。

  • 熱気が高い場所(レンジなど発熱器具の近く)
  • 直射日光が当たる場所
  • 冷蔵庫の周囲に十分な隙間がない場所


3.ドアの開閉回数や開閉時間を確認します。

ドアの開閉回数が多いときや、長時間開けていると、ドアを閉めたときに冷蔵庫内を冷やすため運転音が大きくなります。
開閉回数をできる限り減らし、開けたときも短時間で閉めるようにしてください。


4.強く冷やす設定にしていないか確認します。

「急速製氷」「クイック冷却」「急速冷凍」「急冷凍」「急冷蔵」などに設定していると、より早く冷やすように運転されるため、運転音が大きくなります。
冷蔵庫内が十分に冷えたら、「標準」や「強め」、あるいは節電モード(搭載機種のみ)に設定を変更してください。
設定方法については、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。


5.真空チルドルームが動作中か確認します。(搭載機種のみ)

真空チルドルームは、空気を吸い出して真空にするときに、「ブーン」と音が出ることがありますが、頻繁に音が出るときは、以下の可能性があります。真空チルドルームのお手入れをして改善するかおためしください。

  • 真空チルドケースに物が挟まっている
  • 真空パッキンが汚れている

真空チルドルームのお手入れ方法は、以下のページも参考にしてください。


6.霜取り運転中かどうか確認します。

冷蔵庫の冷却機についた霜を取り除く、霜取り運転中に、コンプレッサーの音が「ブーン」と出ることがあります。
霜取り運転は、使用頻度が低い時間帯に自動的に運転するため、夜間に動作する場合があります。そのため、昼間よりも運転音がより大きく感じられることがあります。


すべての対処方法をおこなっても改善しない場合

上記のすべての対処方法をおこなっても改善しない場合は、冷蔵庫の内部に問題が発生している可能性があります。
恐れ入りますが、お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。



「ブーン」という以外で冷蔵庫の音が気になる場合は、以下のページをご確認ください。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。