ページの本文へ

Hitachi

標準コースで運転を開始すると、かくはん翼が回転し、洗濯物の量が自動計測されます。
その量に合わせた水量と、洗剤量の目安が表示されます。

wash_a12_001.jpg
クリックで拡大


粉石けんを使うときは、洗濯槽に直接入れて溶かす方法と、バケツなどに約40度のお湯を入れ、よくかき混ぜて溶かしてから入れる方法があります。
粉石けんを溶かしてから入れた場合は、その分の重さも加わり、水量は通常よりも多く表示されます。[水量]ボタンを押して手動で水量を調整してください。



  • 洗濯槽に入れられる洗剤の種類は機種によって異なります。お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

  • 粉石けんを入れるときの適量は、以下のページを参考にしてください。

  • ドラム式では粉石けんは使用しないでください。
    溶けにくく詰まって、水漏れや故障の原因になります。

カテゴリ別に探す

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。

※6月25日21時~6月26日6時まで、メンテナンスによりWEB受付がご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、メンテナンス時間帯以外のご利用をお願いいたします。